message メッセージ

様々なスキルを進化させたプロ集団として、お互いの価値観を尊重し合える多様性を育む 代表取締役社長 武川 泉

国内線・国際線を問わずANAグループが運航する全ての航空機の整備、およびフライトシミュレータ等の訓練機器の整備を担うのが当社の役割です。
航空機整備部門では羽田空港を拠点に、重整備部門におけるプロ集団として、機体整備・電装整備・客室整備・構造整備・機装品整備の5つのカテゴリーにおいて、世界に誇れる高い航空機品質を提供しています。また、ANAグループのグローバルなネットワークの中で、運航便の不具合修復支援、航空機メーカーや海外整備会社への領収検査員の派遣、航空整備士の養成、グループ内各社への出向による整備品質の向上推進など、これまでに蓄積した整備経験を基盤に、幅広い業務領域でANAグループの航空機の安全運航を支えています。
訓練機器部門では、運航乗務員・客室乗務員・航空整備士の訓練に使用する様々な機材の整備・技術管理など、これからのANAグループを支えていく人づくりに注力し、人財育成に貢献しています。
私たちANAベースメンテナンステクニクスは、社員一人ひとりが様々なスキルを徹底的に進化させたプロフェッショナルとして、それぞれが大切にしている価値観を受け入れ、尊重し合うことのできる多様性のある企業文化を育んでいます。多様性のある組織だからこそ新しいイノベーティブな発想が生まれ、次の時代を切り拓く活力が生まれると確信しています。

vision ビジョン

世界トップレベルの機材品質をベースメンテナンスで追求し、エアラインと共に価値を創造する整備会社を目指します。

human resource 人財像

多くのお客様の尊い命を預かる非常に重い責任がある航空整備士は、定められた整備を確実に全うすることが基本です。また、ANAグループの一員として、お客様や社会に貢献出来る人財であることも必要です。整備士として、また、企業人として、バランスのとれた人財を目指します。

company 会社概要

会社情報

社名
ANA ベースメンテナンステクニクス株式会社
代表者名
代表取締役社長 中司 直己
従業員数
1,197名 (2019年4月1日)
資本金
5,000万円
株主
ANAホールディングス株式会社 100%
設立
2012年10月1日
事業内容
航空機の整備、修理および改造
航空機装備品の整備、修理、改造および製造
訓練機器の技術管理、整備、修理および改造
所在地
【本社・各整備部】東京都大田区羽田空港3-5-4 ANAエアフレームメンテナンスビル内
【訓練サポート部】東京都大田区羽田旭町10-8 ANA Blue Base内
Googleマップで見る

会社情報

社名
ANA ベースメンテナンステクニクス株式会社
代表者名
代表取締役社長 武川 泉
従業員数
1,171名 (2022年4月1日)
資本金
5,000万円
株主
ANAホールディングス株式会社 100%
設立
2012年10月1日
事業内容
航空機の整備、修理および改造
航空機装備品の整備、修理、改造および製造
訓練機器の技術管理、整備、修理および改造
所在地
【本社・各整備部】東京都大田区羽田空港3-5-4 ANAエアフレームメンテナンスビル内
【訓練サポート部】東京都大田区羽田旭町10-8 ANA Blue Base内
Googleマップで見る
中途採用比率
2019年度:5% 2020年度:2% 2021年度:6%(公表日:2022年4月1日)

沿革 (2012年以降)

ANAベースメンテナンステクニクス株式会社は、2012年10月1日に全日空整備株式会社、
ANAテクノアビエーション株式会社、ANAエアフレームテクニクス株式会社が合併し発足いたしました。

ANA ベースメンテナンステクニクス株式会社 沿革

2012年10月
ANAベースメンテナンステクニクス株式会社設立
2013年9月
羽田におけるライン定例整備および構造装備品整備の受託開始
2013年10月
ANAグループ訓練会社Panda Flight Academyの訓練機器整備の受託開始
2014年7月
B787世界初重整備作業の実施
2015年4月
ANA JV(ドック部門)取り纏め企業として体制変更
2015年8月
客室装備品整備、構造装備品整備部門の統合
2015年8月
成田整備部の羽田地区への集約
2015年9月
伊丹整備部の羽田地区への集約

組織図

ページTOPへ