Aircraft Maintenance 機体整備

確かな技術と最強のチームワークで高度なメンテナンスを追求する

ANAグループ整備部門の一員として、長年培ってきた経験と技術を活かした航空機整備を行っています。ドックにおける機体整備、電装整備、客室整備、構造整備、機装品整備の各セクションが専門性を活かすとともに、チームワークを発揮します。

ドック整備の種類

ANAグループが運航する大型機から小型機まで、すべての航空機のドック整備などを担当しています。

  • C整備
    <60人体制 約10日間>

    1年から2年毎に、機体構造、諸系統および装備品の定期的な点検と、不具合修復を実施します。

  • 重整備(HMV)
    <60人体制 約1ヵ月間>

    4年から5年毎に実施される重整備では、C整備の内容に加えて機体構造の点検・防蝕作業など、長期使用に伴う作業を実施します。

  • 夜間定例(A整備)
    <数人~10人体制 約5時間>

    最終便で到着した飛行機を、翌朝までに点検整備します。1ヵ月半から3ヵ月毎に定期的に行うA整備も実施します。

  • 機体整備
  • 客室整備
  • 構造整備
  • 電装整備
  • 機装品整備

GEM 機体整備

機体全般を他のセクションと連携しながら整備

格納庫で行う整備は、定期的に行われる点検・修復作業と、突発的な不具合修復作業の2種類に分けられます。定期的な整備は「夜間定例、C整備、重整備」があり、それぞれに対応した整備を行います。突発的な作業は「AOG(Aircraft On The Ground)」と呼ばれ、飛行機を早期に運航できる状態に戻す対応が求められます。

Interview インタビュー

機体整備 中平 直樹 2007年4月入社 航空専門学校卒業

精密なチームワークがあるからこそ
飛行機が飛び立つことができる

ドックでの整備は一日で終わるものではありません。ひとつの作業をいくつにも区切り、何日もかけて繋ぎながら作業を遂行します。そこで重要になるのが申し送りです。次の作業へと確実に引き継ぐため、書類として明確にする必要があります。作業内容や、外した部品、注意事項など。そして次の作業はどこから開始するかという指示を残します。幾日もかけて多くの整備士に作業が引き継がれ、分解・点検を終えた機体が再び元の状態に復元されて飛び立っていきます。まさにチームワークのなせる技です。

子どもの頃から飛行機のイメージは
青い飛行機だった

整備士を目指したのは、高校卒業後の進路を考えた時でした。当時は車の整備をやってみたいと思っていました。あまり飛行機には乗る機会もなかったので、航空整備士という仕事自体知りませんでしたが、当時放送されていたドラマの影響もあり、この仕事に興味を持つようになりました。「これは面白そうだな」と。飛行機と言われて自分の中でイメージしたのは青い飛行機でした。そこから航空専門学校に進学し、今はこうして青い飛行機を整備しています。

責任の大きさは、そのまま
やりがいの大きさになる

私の場合は責任感がこの仕事の面白さだと感じています。大きな機体に大勢のお客様がお乗りになります。その安全を自分が担っているわけですから、それはやはり一番の達成感であり、社会に貢献していると実感できる部分です。責任は重大ですから、その分達成感も大きくなります。

CAM 客室整備

お客様とともに空を旅する機内設備。五感を使って安全・快適・信頼をカタチにする

客室整備は、お客様が機内で直接触れるシートやギャレー、ラバトリー等の点検、修復、改修などを行います。ドックに搬入された航空機は、客室内の機内用品を取り外し、詳細な目視点検と作動点検を行います。作業者自身の五感を頼りに細かい部分までこだわり、搭乗されるお客様に満足していただける空間を提供します。

Interview インタビュー

客室整備 牧野 恭也 2004年4月入社 航空専門学校卒業

膨大な数のシートも
お客様にとってはたったひとつ

もともと飛行機に興味があり、ANAには斬新な発想があると感じて入社しました。その斬新さは客室内にもよく表れていると思いますし、客室内の快適性や演出に期待されるお客様も多いと思います。どのシートもお客様にとってはたったひとつのシートですから、お一人おひとりの目線で、どのように機内で過ごされるかを考えています。

決して満足することなく
常に興味を持って知識を深める

客室内の設備はリニューアルが速く、常に最新の機材への知識をもって整備にあたる必要があります。そのためには現状に満足してしまってはいけないと思っています。満足してしまうと、そこで成長も止まってしまいます。常に興味を持ち、知識を深めて行くことが大切です。また機内のエンターテイメントシステムは常に新たな技術が盛り込まれていますのでメーカーやANAの技術部門と連携して品質を高めていくことも必要です。

目線の先は世界
世界に誇れる整備を目指す

ANAグループは世界をリードし続けるリーディングエアライングループを目指していますので、整備も世界に通用するものでなくてはなりません。体制もそれに合わせ、我々も意識して変化することが必要だと思います。ANAの客室のクオリティが世界でトップクラスであることを目指し日々努力しています。

MAM 構造整備

航空機の構造を隅々まで熟知し機体構造に関する修理・改造を行う

航空機の機体構造に関するスペシャリスト集団として、整備や不具合修復だけでなく機体設計の改修や重要構造部材の補強なども担います。熟練整備士は経験や知識を発揮し、若手整備士はその技術や手法を日々修得し、実作業に必要なノウハウを身につけます。正に職人の世界であり匠の技を伝承しながら整備を行っています。

Interview インタビュー

構造整備 尾方 志保 2014年4月入社 高等専門学校卒業

飛行機好きで、金属加工好き
手に職をつける仕事がしたかった

私は高等専門学校の機械系学科で学んでいましたので、デスクワークよりも手を動かす仕事をしたいと考えていました。手に職をつけたいという気持ちもありましたし、職人的な匠の世界に憧れがありました。実家が米軍基地の近くで、子どもの頃から飛行機に慣れ親しんでいたこともあって、構造整備を希望したところ、幸運にも願いが叶いました。

女性も男性も隔てなく
多様性のある職場

ここはベテランから新人まで、様々なスキルを持った方がチームワークで仕事に取り組む職場です。性別だけでなく出身校も様々で、経歴も人それぞれ違います。そうした方々がひとつの仕事をするために集まって、チームワークを発揮する現場にいられるというのはとても貴重な経験になります。多くのことを学べる多様性のある環境です。

飛行機の知識がなくても
興味があればチャレンジできる

構造整備には、まだ女性のゾーンコントローラー(仕事を振り分けていく管理者)がいませんので、もっと経験を積んで早くそのレベルの整備士になりたいと思います。これから航空整備士を目指そうと思っている方にアドバイスするとしたら、ぜびインターンシップや見学会に参加してくださいと言いたいですね。飛行機が好きで、手を動かすのが好きであれば、道は開けると思います。

EEM 電装整備

最新のエレクトロニクス技術で航空機の安全と快適さを支える

航空機には安全に飛行するために非常に多くのコンピュータが搭載され、電線やLAN、光ファイバーケーブルを通じて互いに情報を交換しています。機体に張り巡らされた無数の配線や様々な電装品の整備は、エレクトロニクスに精通した整備士によって行われています。また機内のWi-Fi設備設置など、新しく追加する装備品関係の配線作業やその他改修作業も担っています。

Interview インタビュー

電装整備 柿木 政輝 2012年4月入社 大学院卒業

勉強で知識を覚えるだけでなく
経験豊富な先輩から技を受け継ぐ

航空機の内部には、人間の血管のように電線やLAN、光ファイバーケーブルが走っています。その一本一本に住所のようなものがあり、すべての電線が記されたマニュアルからその住所を辿って不具合のあるワイヤーを探し出します。機体の配線は膨大なので、不具合を特定するためのアプローチ方法は多種多様です。効率よく判断するためには知識だけでなく経験が重要です。先輩方の作業を見て技を修得し、新たな方法はないか試行錯誤しながら作業を行っています。

航空関係の仕事に就く
家族の安全に関わる

父と兄が航空関係の仕事をしていましたので、物心ついた頃から航空業界に憧れがありました。その一方で、母は家族が毎日空を飛ぶことに不安を感じていましたので、私は航空機の安全に関わりたいと考え、航空機整備の道を選びました。就職活動で実際の整備現場を見学し、整備士の方から直接話を伺い、真剣な眼差しで作業されている姿を見て入社を決意しました。

どんなことにも落ち着いて対処できる
判断力と決断力のある整備士が目標

電装整備課では航空無線通信士の資格者が、実際にコックピットに座って管制官と通信を行い通信装置の健全性を確認します。自分で整備した装置の作動が正常であることを確認出来たときは、非常にやりがいを感じます。今は、一等航空整備士取得を目指して勉強中です。将来的には、経験値の高い整備士になりたいですね。どんなことが起っても落ち着いて対処できる判断力と決断力のある整備士を目指しています。

COMPONENT 機装品整備

高度な専門技術と豊富な経験をもとに航空機装備品の整備品質を高める

ショップと呼ばれる格納庫とは別の作業場において、航空機の様々な装備品の点検・修復作業をしています。航空機の離着陸を支えるフラップやスラストリバーサー(逆推力装置)など、大型装備品からパイロットのシートまで、様々な装備品をメンテナンス。特殊な装備品も高度な専門技術で整備することにより、お客様の「安心」をサポートしています。

Interview インタビュー

機装品整備 牧 朋弥 2010年4月入社 工科系短期大学校卒業

興味を持ったキッカケは
自分の学んできた技術が使われていたこと

私はモノづくりに携わる仕事を希望していました。飛行機の装備品の整備にボンディングや接着の技術が使われていることを知って興味を持ちました。飛行機の形状には曲面や複雑な形状のものが多く、平らな材料を曲げたり成形して繋いでいきます。これは経験がモノを言う作業です。材料ごとに違う性質を理解しなければうまく加工出来ません。まだまだ経験が浅く、先輩に指導していただきながら作業することもあります。

スキルアップは自分次第
様々な道が用意されている

新しい装備品を取り扱うたびに新しい知識や技能を身につけるチャンスがあります。自分のステップアップにつながるチャンスですから、常に向上心を持って取り組んでいます。目標は航空工場整備士の国家資格を取得して、その資格を活かすこと。目指す道がたくさんある職場ですから、スキルアップの可能性は様々です。自分の希望があれば、叶えられやすい環境です。だれにでも成長のチャンスがある職場です。

TRAINING SUPPORT 訓練サポート

専門性の高いエンジニアリング業務でANAの訓練品質をサポート

訓練サポート部は、ANAグループ唯一の訓練機器の管理・保守部門として、長年培ったシミュレータ整備の技術をベースに、整備から技術管理業務までを行っています。航空局のシミュレータ認定・維持業務をはじめ新機種シミュレータの導入や改修の企画など、トータルなエンジニアリング業務を担っています。最新技術によって日々進化する航空機に合わせて、訓練も進化し続けています。そうした訓練ニーズに応えるべく、積み重ねてきた技術力をベースに最新の技術を取り入れ、訓練機器の整備・改修・導入に取り組んでいます。世界的にも数少ない、訓練機器のトータルマネージメントを行うエンジニア集団を目指しています。

訓練サポート概要図

  • 整備部門
  • 技術部門

Interview インタビュー

整備部門 佐々木 博之 2015年4月入社 高等専門学校卒業

飛行機の仕事もできて
学校で学んだことも活かせる仕事

地元に花巻空港がありましたので、よく飛行機を見に行きました。飛行機を好きになったキッカケです。学校は高専で情報系に進みました。飛行機の仕事もできて、自分の習ったことも活かせる仕事はないかと考えたときに、この職場が合っているのではないかと思いました。パイロットと同様に飛ぶ知識を持てることと、飛行機の整備の知識も同時に取得できるのが大きな魅力です。

飛行前点検で
離陸から着陸までの動作確認

同期入社した人たちは実機を扱っていますので、たまに話をすると全く違う世界だと実感します。シミュレータ整備だからこそ得られるスキルも多く、飛行に関する知識、コンピュータの知識も身に付きます。飛行に関する知識というのは、外的要因を受けた際に飛行機がどういう状況になるとか、実体験を交えながら学べることです。実機同様に飛行前点検があり、自分でそのシミュレータを離陸から着陸まで操作して、シミュレータとしての機能が、正常であるかどうかチェックします。そのためには、整備の知識だけでなく飛行中に計器類がどのような反応をするか理解している必要があります。

ANAグループが保有する
全機種の知識を身につけたい

シミュレータ自体、一般の方が触れるものではありません。自分が操作したことに対して飛行機がどんな反応を示すか、ということを知ることができます。ANAが保有するすべての飛行機に関わる部署でもあり、努力次第で全機種の知識を身につけることも出来ます。整備の面でも、操縦についても学べます。両方の知識を取得できるように勉強したいと思います。今は少しずつですが、目標に向かって近づいている実感があります。

Interview インタビュー

技術部門 堀 信明 2008年4月入社 大学卒業

シミュレータの世界に衝撃を受け
強く興味を惹かれました。

小さい頃から機械が好きで工業系の学校に進学し、18歳の時に初めて飛行機に乗りました。その時、あんな大きなものが空を飛ぶということが信じられませんでした。それが飛行機への興味の始まりです。機械好きでしたから機体の整備を目指して就職活動を開始。そこでシミュレータの世界を初めて知りました。そういうものが存在すること自体知りませんでしたので、衝撃が大きかったですね。機体整備とは全く違う世界でした。

ボーイング787のローンチエアラインであるANA
すべてが世界で初めて起こること

ボーイング787はANAグループが世界に先駆けて導入した飛行機です。パイロットの養成も世界初で、シミュレータも世界で最初に訓練を開始しました。そこで日々起こることはすべて世界初。前例のない不具合やイレギュラーなことばかりで、最初は何をどうしていいのか戸惑いました。どうやって直せばいいか、試行錯誤の毎日が続きました。調べては試し、メーカーに問い合わせをするなどしました。シミュレータメーカーや、航空機のメーカーとも協力して密に連携をとっています。

航空局から認定を受けるのも
重要な業務のひとつ

技術課の仕事のひとつに航空局の認定業務があります。シミュレータは、年に1回必ず航空局の定期検査を受けなくてはなりません。実際の飛行機とシミュレータのデータが一致しているか、というデータを航空局に提出して承認を受けます。航空局の方に訓練センターに来ていただく場合もあります。この航空局の承認がなければ、シミュレータでの訓練が出来なくなってしまいます。非常に重要な仕事です。

自分の仕事が安全な運航を
サポートしている

パイロットは非常に臨場感を持って訓練を行っています。飛行機と全く同じ操縦環境の中で、緊急時の状況を想定した訓練を行っています。自分たちが訓練自体に関わることはありませんが、毎回無事に訓練を終えて帰っていくのを見ると自分たちの整備した機材が役割を全うしてくれたという安堵感があります。そして安全な運航の一部を担っていることを実感します。

ページTOPへ